セレクション公式ウェブストア限定 6月キャンペーン 『じゃんじゃん祭り』クーポン発行はこちら
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

SELECTION - American Sports Goods Shop

13:00までのご注文は-月-日(-)発送
※お取り寄せ商品は対象外

検索  検索

年末年始 営業時間のお知らせ

[新宿店]

大晦日も元日も休まず営業

営業時間 12時から19時まで

[大阪BIGSTEP店]

12/30(月) 11時から19時まで
12/31(火) 11時から18時まで
元日(水) 定休日
1/2(木) 11時から20時まで

2015.06.17Wed

ウォリアーズ優勝! NBAファイナル観戦レポート! 運命の第6戦を振り返る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。
バスケブログ担当の遠山です!

ゴールデンステイト・ウォリアーズが40年ぶりの優勝!!

最後までウォリアーズらしい試合運びで勝利を手にしました。
負けたキャバリアーズですが、レブロン・ジェームズの圧倒的なパフォーマンスは、ファイナルの歴史に刻まれる見事な活躍ぶりでした。
さて、今回は、興奮冷めやらぬ第6戦の観戦レポートをお届けします! (テレビ観戦ですが・・・)
第6戦を見た人も試合の模様を時系列で思い出して頂ければと思います。

■第1クォーター Tip Off

  • スタート直後は静かな展開が続きますが、徐々にGSWのシュートが決まり始めます。

  • 第1QでCLEは3回ものショットクロックバイオレーションを喫しています。このシリーズ、ショットクロックバイオレーションの通算回数はCLEが13回に対して、GSWはわずか2回。GSWのディフェンスが機能していることが伺えます。

  • 第1Qの残り9分間、GSWが26対8とCLEを圧倒。この間、CLEはフィールドゴール 3-11、ターンオーバー 6回と、なかなか調子が上がらないCLEです。

image-150617-02

■第2クォーター GSW 28 – CLE 15

  • レブロン・ジェームズが史上6人目のプレーオフ通算5,000得点を達成。30歳での達成は史上最速です。

  • CLEはオフェンスが機能しません。1-on-1やリバウンドからの得点でなんとか食らいつきますが、単調なシュートセレクションは否めません。

  • 45対43、GSWのリードで前半が終了。CLEが犯したターンオーバー13回から、GSWの19得点が生まれています。

image-150617-03

■第3クォーター GSW 45 – CLE 43

  • 序盤、トリスタン・トンプソンがルーズボールを拾って得点。CLEが45対47と逆転に成功します。しかし、お返しにGSWが3ポイントを決めて再びリードする展開に。

  • CLEはレブロン頼みでなんとか追いつこうとしますが、GSWが落ち着いた試合運びで点差を広げます。残り5分11秒、61対51とウォリアーズが優勢。

  • ベンチプレーヤーのフェスタス・エジールの連続得点もあり、GSWは69対55とさらにリードを広げます。CLEはオフェンスがまったく機能しません。

  • 第3Q終了、73対61とGSWが大きくリードします。一時は15点差まで広がりました。今シーズンのGSWは15点差以上のリードをした場合、57勝0敗というデータがあります。決して逆転を許さないチームです。

image-150617-04

■第4クォーター GSW 73 – CLE 61

  • 残り10分、ティモフィ・モズコフのフリースロー、レブロン・ジェームズの速攻で75対68と二桁の点差に戻します。CLEはこの勢いを続けられるでしょうか。

  • 残り6分、ステファン・カリー、クレイ・トンプソンの連続3ポイントが決まります。ここまで、両チームの3ポイントは、GSW 12-29、CLE 3-15、その違いは明らかです。

  • 残り4分16秒、94対81でウォリアーズの勝利が決定的に。CLEは勢いが続かず、GSWの3ポイント攻勢を前に意気消沈。

  • 残り1分50秒、98対85、ウォリアーズ悲願の優勝まであと少し! ドレイモンド・グリーンが 16 Pts、11 Reb、10 Ast、トリプルダブル達成。

  • 試合終了、GSW 優勝! ステファン・カリー、クレイ・トンプソン、全員が喜びを爆発させます。そして、両チームのメンバーが健闘を称え合う場面も。負けはしましたが、レブロン・ジェームズのシリーズを通した圧倒的なパフォーマンスも印象的でした。

image-150617-05

■優勝セレモニー

優勝セレモニーが始まり、トロフィーが授与されます。ファイナルMVPはシリーズのX Factorとなった、アンドレ・イグダーラが選ばれています。
レギュラーシーズンの先発回数がゼロで、ファイナルMVPに選ばれたプレーヤーはアンドレ・イグダーラが史上初です。
優勝セレモニーもいよいよクライマックス。
GSWが40年ぶりの優勝というエンディングで2014-15シーズンの幕が閉じました!!

 

NBAファイナル優勝記念グッズ 予約受付中!!

image-150617-06

セレクションでは早くもウォリアーズ優勝記念グッズの予約を開始しました!
実際の優勝セレモニーで選手が着用した、Locker Room Tシャツ&キャップ セット はお勧めです!
記憶に残るNBAファイナルとなっただけに、貴重な思い出のアイテムとなること間違いなしです!

優勝記念グッズはこちら!!
本日のおすすめアイテム!!

⇒商品詳細をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この投稿の関連記事

SHOP INFO - SHINJUKU and OSAKA

セレクションお客様スナップ